Yura YuLife

ITエンジニアの覚え書き

Debian Stretch で Planex GW-450S を使う

この記事では、Debian Stretch の PC で Planex GW-450S という USB 無線LAN 子機を使えるようにする方法を紹介します。

動作環境

  • Debian Stretch (kernel: 4.9.0-6-amd64)
  • Planex GW-450S

ドライバのインストール手順

以下の手順は対象の PC が有線 LAN 等でインターネットに繋がった状態で作業することを想定しています。

依存パッケージのインストール

$ sudo apt install linux-headers-$(uname -r)
# もしくは sudo apt install linux-headers-4.9.0-6-all のように明示的に指定

ドライバーのコンパイルとインストール

$ sudo apt install git
$ git clone https://github.com/abperiasamy/rtl8812AU_8821AU_linux.git
$ cd rtl8812AU_8821AU_linux/
$ make
$ sudo make install

ドライバーの有効化

$ sudo modprobe rtl8812au

上記を実行し、 iwconfig コマンドやネットワークの設定画面等で無線LANのモジュールが確認できるか、近くのアクセスポイントを検索できるか等を確認します。

上記の設定だけだと、起動時に毎回コマンドを打たないといけないので、/etc/modulesrtl8812au を追記することで、起動時にドライバが読み込まれるようにします。

# /etc/modules: kernel modules to load at boot time.
#
# This file contains the names of kernel modules that should be loaded
# at boot time, one per line. Lines beginning with "#" are ignored.

rtl8812au

Wi-Fi のインターフェース名の固定

上記を実行して Wi-Fi に接続できた場合は以下の手順は不要です。

SSID のスキャンやパスワード入力は出来るのに、何故か接続できない場合があります。

iwconfig を実行した際に認識されるインターフェース名が wlan0 ではなく wl....... のような長い名前になっている場合は、以下の手順を実行します。

/etc/default/grubGRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULTnet.ifnames=0 を追記します。

# If you change this file, run 'update-grub' afterwards to update
# /boot/grub/grub.cfg.
# For full documentation of the options in this file, see:
#   info -f grub -n 'Simple configuration'

GRUB_DEFAULT=0
GRUB_TIMEOUT=5
GRUB_DISTRIBUTOR=`lsb_release -i -s 2> /dev/null || echo Debian`
# 以下の行をコメントアウト
# GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet"
# 以下の行を追加
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet net.ifnames=0"
GRUB_CMDLINE_LINUX=""

そして、以下のコマンドを実行後、PC を再起動します。

$ sudo update-grub

これで問題なく Wi-Fi に繋がるようになりました。

参考サイト