Yura YuLife

ITエンジニアの覚え書き

ArduinoでSRF02のI2Cアドレスを書き換え

Arduino超音波距離センサ SRF02のI2Cアドレスを書き換える方法です。

元のアドレスを確認

デフォルトではSRF02のアドレスは0xE0(224)なので、I2CScanerのスケッチを利用すると、0xE0の上位7bitである0x70(112)にデバイスが見つかります。

シリアルモニタの出力結果

I2C device found at address 0x70  !
done

I2Cアドレスを変更

同一センサを複数個利用するケースでは、各センサのアドレスをそれぞれ別の物にする必要があります。

以下のスケッチを実行すると、SRF02のアドレスが224から226に変更されます。

変更後のアドレスを確認

再度I2CScannerを実行すると、確かにアドレスが226(上位7bitは0x71=113)に変更されています。

I2C device found at address 0x71  !
done

参考URL